よくあるご質問

会計参与って何ですか?

会社法で創設された新しい制度で、取締役と共同して計算書類を作成する役員の一類型になります。会計参与は、税理士や公認会計士等でなければなりません。会社は会計参与を選任することにより、計算書類の信頼性をあげることができ、これにより金融機関や取引先などから信頼が高まると考えられます。

また、株式の譲渡制限に関する規定がある会社で会計参与を設置した場合は、監査役が不要となります。

ページトップへ

  • 前へ
  • 次へ